人間は生きている限り、必ず年を取り老いていきます。そして、加齢とともに胃腸や肝臓などの体中さまざまな臓器が衰え、徐々に老化が進んでいきます。この老化を少しでも遅らせ、長く美しく健康でありたいと思う人は多いと思います。老化を防ぐには、日頃の生活習慣や食事や運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)など、さまざまな心がけが重要ですが、ここでは老化防止ための食事についてお話していきましょう。老化を防ぐために活躍する食べ物は、案外たくさんあります。老化防止でよく知られている食べ物で代表的なものが、ヨーグルトです。特に女性の中には、美容と健康のために毎日食べている人も多くいると思いますが、ヨーグルト(近年は、様々な乳酸菌が発見され、「生きたまま腸に届く」乳酸菌を摂取することで、より健康の維持に役立つといわれています)は老化防止にも効果があり、ヨーグルトを常に食しているブルガリア地方の人の寿命が長いという話は有名でしょう。次に、老化防止といえばポリフェノールで、赤ワインブームがあったこともありますし、非常に有名になりました。このポリフェノールは高い抗酸化作用を持っており、老化につながる体の酸化を防いでくれます。ポリフェノールは赤ワインの他にも、チョコレートやココア、緑茶や紅茶、ごまや大豆製品などに多く含まれています。そして、体の酸化を防ぐという意味では、ビタミンE・C、β−カロチンが多く含まれている春菊やほうれん草、ミツバ、玉葱などもおすすめでしょう。これらの野菜には、細胞内の酸化を防いでくれる働きがあるため、老化の防止に役立つでしょう。また、体細胞を作り出す核酸が多く含まれている食品といえば、なんといってもレバーです。この核酸と卵などに含まれる必須アミノ酸の働きで、体細胞がどんどん作られ、若さを保つ原動力になりますー